tr

トゥルー・レンジを計算します。

【計算式】
以下のうちで最も大きい値幅
(1) 現在足の高値 – 現在足の安値
(2) 現在足の高値 – 1本前の足の終値
(3) 1本前の足の終値 – 現在足の安値

変数バージョンと関数バージョンがあり、関数バージョンではNaN値の扱いを定義できます。

定義

【変数バージョン】tr
【関数バージョン】tr(handle_na)

引数

※変数版を利用する場合、以下の引数は不要です

引数名内容初期値
handle_na前日終値が無い場合、この引数がtrueであれば現在足の値幅(高値-安値)を返し。falseであればnaを返す。

戻り値

計算された値(小数値)

サンプルコード

現在足の終値にトゥルー・レンジの2倍を引いたものを計算して変数 t に格納

t = close - tr * 2