業種別株価指数(東証33業種)のTradingViewシンボル(ティッカー)一覧

業種別株価指数とは、東京証券取引所が東証一部上場の株式を33業種に分類し、株価を集計して指数化しているものです。

JPXの公式Webサイトでは以下のページ内「業種別(東証株価指数33業種)」に表示されています。

【リアルタイム株価指数値一覧】
https://www.jpx.co.jp/markets/indices/realvalues/index.html

また、証券会社純正のトレードツールや株式投資関連のWebサイトなどで確認できるものもあると思います。

実はこの業種別株価指数、TradingViewでも表示させることがです。各指数ごとにシンボル(ティッカー)が用意されていますので、一覧表を作ってみました。

また、33業種すべてのシンボルをウォッチリストに一括追加できるコピペ用テキストも最後に用意していますのでぜひ利用してみてください!

シンボル(ティッカー)一覧

各業種ごとのシンボルは以下になります。通常の株式と同じようにシンボル入力すればチャートやウォッチリストで表示できます。

※海外の別市場と被っているシンボルが結構あるので、シンボル入力する時は先頭に「TSE:」と付けることをオススメします。(水産・農林業なら「TSE:FAF」など)

業種TradingView
シンボル名称
水産・農林業FAFFISHERY/AGRICULTURE/FORESTRY
鉱業MINMINING INDUSTRY
建設業CONCONSTRUCTION
食料品FDFOODS
繊維製品TXATEXTILES & APPARELS
パルプ・紙PAPPULP & PAPER
化学CAFCHEMICALS
医薬品PHRPHARMACEUTICAL
石油・石炭製品OACOIL & COAL PRODUCTS
ゴム製品RBPRUBBER PRODUCTS
ガラス・土石製品GACGLASS & CERAMICS PRODUCTS
鉄鋼IASIRON & STEEL
非鉄金属NMNONFERROUS METALS
金属製品MPMETAL PRODUCTS
機械MCMACHINERY
電気機器TOPIXEELECTRIC APPLIANCES
輸送用機器TOPIXTTRANSPORTATION EQUIPMENT
精密機器PIPRECISION INSTRUMENTS
その他製品OPOTHER PRODUCTS
電気・ガス業EPGELECTRIC POWER & GAS
陸運業LTLAND TRANSPORTATION
海運業MTMARINE TRANSPORTATION
空運業ATAIR TRANSPORTATION
倉庫・運輸関連WHTWAREHOUSING & HARBOR TRANSPORTATION SERVICES
情報・通信業COMINFORMATION & COMMUNICATION
卸売業WTWHOLESALE TRADE
小売業RTRETAIL TRADE
銀行業TOPIXBBANKS
証券、商品先物取引業SECSECURITES & COMMODITY FUTURES
保険業INSINSURANCE
その他金融業OFBOTHER FINANCIAL BUSINESS
不動産業REREAL ESTATE
サービス業SVSSERVICES

チャートに表示させてみた例

チャートに表示させると以下のようになります。銘柄名の部分が英語表記なのがちょっと見辛いですか、ローソク足がしっかり表示されています。

分足も表示できそう。

チャート表示を「ローソク足」から「ライン」に変えれば、終値ベースのグラフに。

「比較」機能を使えば、業種ごとの比較もできそうです。

ウォッチリストに33業種のシンボルを一括追加できるコピペ用テキスト

ウォッチリストにシンボルを1つ1つ追加するのは面倒くさいと思うので、簡単に一括追加できるコピペ用テキストを用意しました。

ウォッチリストの「+」をクリックして「シンボルを追加」画面が表示されたら、検索部分に以下のコピペ用テキストを貼り付けてそのままEnter押してみてください。

TSE:FAF,TSE:MIN,TSE:CON,TSE:FD,TSE:TXA,TSE:PAP,TSE:CAF,TSE:PHR,TSE:OAC,TSE:RBP,TSE:GAC,TSE:IAS,TSE:NM,TSE:MP,TSE:MC,TSE:TOPIXE,TSE:TOPIXT,TSE:PI,TSE:OP,TSE:EPG,TSE:LT,TSE:MT,TSE:AT,TSE:WHT,TSE:COM,TSE:WT,TSE:RT,TSE:TOPIXB,TSE:SEC,TSE:INS,TSE:OFB,TSE:RE,TSE:SVS

ウォッチリストに33業種に追加されるので、1行ずつクリック(またはキーボードの下矢印を押下)していただければ、チャートも次々切り替わっていくはずです。

まとめ

今回は業種別株価指数をTradingViewで扱うためのシンボル一覧をご紹介しました。

通常の株式銘柄と同じように利用できますので、ぜひ色々と組み合わせて使ってみてください。