macd

MACDを計算します。

macd関数1つで、以下3つの値をまとめて計算してくれます。

(1) MACDライン
(2) シグナルライン
(3) ヒストグラム(MACDラインとシグナルラインの差)

定義

macd(source, fast_length, slow_length, signal_length)

引数

引数名内容初期値
source計算対象の価格(無し)
fast_length短期EMAの計算対象の長さ(無し)
slow_length長期EMAの計算対象の長さ(無し)
signal_lengthシグナルの計算対象の長さ(無し)

戻り値

計算された値(小数値)

※以下3つの値が返されるので、[x, y, z] でそれぞれ取得します。
(1) MACDライン
(2) シグナルライン
(3) ヒストグラム(MACDラインとシグナルラインの差)

サンプルコード

(日足チャートにおいて)MACD(12日/26日/9日)を計算し、MACD値を変数 m に、シグナルラインを変数 signal に、ヒストグラム(差)を変数 diff に、それぞれ格納

[m, signal, diff] = macd(close, 12, 26, 9)


※取得する3つの値のうち、不要なものについては左辺の変数を _ に置き換えても動作します。

(例)シグナル値だけ必要な場合
[_, signal, _] = macd(close, 12, 26, 9)