max_bars_back

指定された命令や変数の過去データ参照に必要な足の最大数を設定します。

通常はclose[10]などとすれば取得できますが、[]内の値が動的に変更されるようなコードの時、場合によっては参照不可なデータを取得しようとして実行時エラーが発生することがあるので、そのような時に任意の参照範囲を指定するために利用します。

定義

max_bars_back

引数

引数名内容初期値
var対象の変数。足情報(open,high,low,close,volume,time)または任意の変数(無し)
num指定したい参照する足の最大数(無し)

戻り値

(無し)

サンプルコード

終値の最大参照足数を500に指定

max_bars_back(close, 500)