plot

チャートの足ごとに指定した値へプロットし、グラフなどを描画します。

以下のようなグラフが描画でき、インジケーターやサイン表示などに利用されます。

・ライン形式のグラフ(プロットした値を直線でつないだ線グラフ)
・ステップライン形式のグラフ(プロットした値を階段型につないだグラフ)
・ヒストグラム形式のグラフ
・領域グラフ(Y軸の0からプロット値までを塗りつぶしたグラフ)
・棒グラフ
・丸形式のサイン表示
・クロス形式のサイン表示

定義

plot(series, title, color, linewidth, style, trackprice, transp, histbase, offset, join, editable, show_last, display)

引数

引数名内容初期値
seriesプロットする値。naを指定すると「プロット値無し」になります。(必須)
titleプロットのタイトル(無し)
colorプロットされた線の色(無し)
linewidthプロットされた線の幅(太さ)1
styleプロットの種類。以下の設定が可能

・plot.style_line:ライン形式のグラフ
・plot.style_linebr:ライン形式のグラフ(非連続ライン描画用)
・plot.style_stepline:ステップライン形式のグラフ
・plot.style_histogram:ヒストグラム形式のグラフ
・plot.style_columns:棒グラフ
・plot.style_area:領域の描画
・plot.style_areabr:領域の描画(非連続領域描画用)
・plot.style_circles:丸形式のサイン
・plot.style_cross:クロス型のサイン
plot.style_line
trackpricetrueにすると、最後にプロットした値に水平ラインが自動で表示されます。false
transp透明度。0~100で指定
0:不透明
100:完全透明(非表示)
0
histbase「ヒストグラム(plot.style_histogram)」「棒グラフ(plot.style_columns)
」「領域グラフ(plot.style_area)」で利用可能。Y軸の下端を開始する値を指定できます。
0.0
offset指定した本数だけグラフを左または右に移動します。0
join「丸型サイン(plot.style_circles)」「クロス型サイン(plot.style_cross)」で利用可能。プロットした値を線でつなぐかどうか指定できます。false
editableプロットされたグラフを設定画面から設定変更可能かどうか指定します。true
show_last数値を指定すると、すべてのグラフではなく最終N足分のグラフのみを表示します。(無し)
displayプロットしたグラフを表示するかどうか指定できます。

display.all:表示する
display.none:表示しない
display.all

戻り値

描画オブジェクト

サンプルコード

終値をつないだ線グラフを描画

plot(close, title="終値グラフ")


当日終値が前日終値より大きい時、当日足の高値位置に丸印のサインを表示

plot(close > close[1] ? high : na, title="終値上昇", style=plot.style_circles)