【お知らせ】TradingViewのバックテストをプログラミング不要で体験できる新講座作りました。(詳細はクリック)

year

現在足または任意のUNIX時間の「年」を取得します。(変数版と関数版があります)

【変数版】
引数無し。現在足の「年」を取得します。

【関数版】
引数あり。引数で指定したUNIX時間(ミリ秒)の「年」を取得します。

定義

【変数版】year
【関数版】year(time, timezone)

引数

※変数版を利用する場合、以下の引数は不要です

引数名 内容 初期値
time 取得したいUNIX時間(ミリ秒) (無し)
timezone タイムゾーン設定 syminfo.timezone

戻り値

取得した「年」(整数値)

サンプルコード

現在足の「年」を取得して変数 now_year に格納

now_year = year


1本前の足の日時から「年」を取得して変数 prev_year に格納
prev_year = year(time[1])

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次