open

現在足の始値を取得します。

末尾に[N]をつけるとN本前の足の始値が取得可能です。(open[1]など)

定義

open

引数

(無し)

戻り値

現在足の始値

サンプルコード

当日始値と前日終値の差を計算して変数diffに格納

diff = open - close[1]