rma

修正移動平均を計算します。
(主にRSIの計算で利用されます)

【計算式】
(1) 計算を開始する足
単純移動平均の計算結果(sma関数)

(2) それ以降の足
(source + (α-1) * RMA[1]) / α

source:現在足の価格
α(平滑化係数):1 / length
RMA[1]:前の足のRMA値

定義

rma(source, length)

引数

引数名内容初期値
source計算対象の価格(無し)
length計算対象の期間(無し)

戻り値

計算された値(小数値)

サンプルコード

(日足チャートにおいて)14日修正加重移動平均を計算して変数 rma14 に格納

rma14 = rma(close, 14)