【お知らせ】TradingViewのバックテストをプログラミング不要で体験できる新講座作りました。(詳細はクリック)

syminfo系

syminfoから始まるいくつかの命令は、現在チャートに表示しているシンボルの様々な情報を取得できます。

命令 取得内容 取得例(7203トヨタ自動車の場合)
syminfo.tickerid シンボルコード(市場コードあり) TSE:7203
syminfo.ticker シンボルコード(市場コード無し) 7203
syminfo.root 株式の場合はsyminfo.tickerと同じ
(先物の場合デリバティブのルート)
7203
syminfo.prefix 市場コード TSE
syminfo.description シンボルの名称(会社名) TOYOTA MOTOR CORP
syminfo.type シンボルのタイプ
(stock, futures, index, forex, crypto, fund)
stock
syminfo.currency シンボルの通貨 JPY
syminfo.basecurrency シンボルのベース通貨
(主にFX/仮想通貨用)
JPY
syminfo.pointvalue シンボルのポイント値 1
syminfo.mintick シンボルの呼び値 1
syminfo.timezone タイムゾーン Asia/Tokyo
syminfo.session セッションの種類
(session.regular, session.extended)
regular

引数

引数名 内容 初期値

サンプルコード

以下のサンプルコードで、現在のシンボルにおけるsyminfoの各値を確認できます。(ラベル表記)


if barstate.islast
s = ""
s := s + "[syminfo.tickerid] " + syminfo.tickerid + "\n"
s := s + "[syminfo.ticker] " + syminfo.ticker + "\n"
s := s + "[syminfo.root] " + syminfo.root + "\n"
s := s + "[syminfo.prefix] " + syminfo.prefix + "\n"
s := s + "[syminfo.description] " + syminfo.description + "\n"
s := s + "[syminfo.type] " + syminfo.type + "\n"
s := s + "[syminfo.currency] " + syminfo.currency + "\n"
s := s + "[syminfo.basecurrency] " + syminfo.basecurrency + "\n"
s := s + "[syminfo.pointvalue] " + tostring(syminfo.pointvalue) + "\n"
s := s + "[syminfo.mintick] " + tostring(syminfo.mintick) + "\n"
s := s + "[syminfo.timezone] " + syminfo.timezone + "\n"
s := s + "[syminfo.session] " + syminfo.session + "\n"

label.new(bar_index, close, text=s, style=label.style_label_up, textalign=text.align_left, color=color.gray, textcolor=color.white)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次