line.new

チャート上にラインを描画します。
トレンドライン/水平ライン/垂直ラインなどの描画が可能です。

※水平ラインの描画についてはhline関数の方が便利です。

ラインの更新タイミングによっていくつかの書き方がありますが、先にvar宣言でライン用変数を宣言した上で、line.set_~系関数で足ごとに更新する書き方がオススメです。(サンプルコード参照)

定義

line.new(x1, y1, x2, y2, xloc, extend, color, style, width)

引数

引数名内容初期値
x1ライン始点のx座標。足番号または足のUNIXタイムで指定します。(引数xloc参照)必須
y1ライン始点のy座標。価格を指定します。必須
x2ライン終点のx座標。足番号または足のUNIXタイムで指定します。(引数xloc参照)必須
y2ライン終点のy座標。価格を指定します。必須
xlocx1またはx2の指定方法。

xloc.bar_index:足番号で指定
xloc.bar_time:足のUNIXタイムで指定
xloc.bar_index
extendラインを左または右に延長するかどうか指定します。

extend.none:延長しない
extend.left:左に延長
extend.right:右に延長
extend.both:左右両方に延長
extend.none
colorラインの色
styleラインのスタイル

line.style_solid:実線
line.style_dotted:ドット線
line.style_dashed:ダッシュ線
line.style_arrow_left:左端が矢印の線
line.style_arrow_right:右端が矢印の線
line.style_arrow_both:左右両端が矢印の線
line.style_solid
widthラインの幅

戻り値

ラインオブジェクトID(line.set~/line.get~の関数で利用可能)

サンプルコード

1本前足の高値と10本前の足の安値を繋いだ緑色のラインを描画

var line1 = line.new(0, low, bar_index, high, color=color.green, width=3, extend=extend.right)
line.set_xy1(line1, bar_index[20], low[20])
line.set_xy2(line1, bar_index[1], high[1])