【お知らせ】TradingViewのバックテストをプログラミング不要で体験できる新講座作りました。(詳細はクリック)

[TTO通信] Trade Tech Guild で公開中の動画「Pineでトレンド可視化」を一部公開します

どうも、しゅん@TradeTech です。

今日は Trade Tech Guild で提供している
TradingView/Pine関連の動画を一部公開してみたいと思います。

Trade Tech Guild では、
先週から始まったPine講座の連載ライブ以外にも、
様々なツールやプログラミング技術を活用した事例を
”テーマ別コンテンツ”というカテゴリーで公開しています。

形式は、動画だったりサンプルコードだったり色々で、
現在以下のようなコンテンツを公開しています。

・直近株価が底を打った銘柄をスクリーニングする方法(TradingView編/イザナミ編)
・株価のトレンドをインジケーターで可視化するPine言語の制作実例
・TradingViewで株価指数や業種別指数を可視化できるチャートレイアウト例
・岡三RSSで構築するデイトレ向け複数銘柄監視システムの作り方
・株価データCSV取得サービス「KABU+」について(簡易レビュー)
・PythonからKabuステーションAPIを操作する事例(ポジションの取得/発注処理)

で、この中から今回は

「チャートのトレンドを可視化するTradingViewインジケーターの制作例」

の動画を一部公開したいと思います。

元々は20分程度の動画ですが、
その中から実際にPineコードを書きながら
解説している部分をピックアップしてみました。

【動画はコチラ】
https://www.youtube.com/watch?v=f-CTjBKifTAbe

このコンテンツは、

「テクニカル指標を用いてトレンドの上下を
 システマティックに判定するにはどうすればよいか?」

というお題の元で、
”トレンド”というものの考え方や
チャートで視覚的にトレンドを見やすく可視化するための
Pine言語の書き方テクニックなどについて解説しています。

Pine言語の基本的な書き方を覚えた方や、
元々プログラミング知識のある方から評判がよく、
この動画内容を応用して独自のトレンド判定用インジケーターを作成して
Slackに投稿いただいた方もいらっしゃいます。

(もちろんサンプルコードも
 メンバーページ内ですべて公開しています)

連載スタートしたPine講座は
どちらかといえばプログラミング未経験者向けの
入門的な内容になっておりますが、

本コンテンツのように
僕が実際にプログラミングを書きながら解説したり、
インジケーター/ストラテジー作成やデータ分析といった
より実践的に使えるネタも Trade Tech Guild では扱っています。

プログラミング未経験の方だけでなく、
経験者の方にも面白い場所になっていると思いますので
興味が沸きましたらぜひご参加いただければと思います。

また、さらに上級者向けということで
最近はPythonという一般的なプログラミング言語についても
取り扱いを増やしているところです。

これについては、また次回のメールで
サンプル動画も交えてご紹介したいと思います。

それでは!

***********************************************
【Trade Tech Guild 入会ページはこちら】

https://trade-tech.jp/members/join/
***********************************************

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次