コピペですぐ試せる!TradingViewのPine言語でインジケーターを自作する基本手順(サンプルコード付き)

TradingView(トレーディングビュー)のインジケーターは、Pineという専用プログラミング言語で自作することができます。

本記事ではPine言語の入門ということで、TradingViewで利用可能なインジケーター用スクリプト(プログラム)を自作してチャートに追加するまでの基本手順について、画像付きで解説します。

今回サンプルとして「25日移動平均線」が表示できるインジケーター用スクリプトを用意しておりますので、プログラミング未経験の方でもコピペで手順を進めることができます。

自分が作ったインジケーターがチャート上に表示される体験ができるので、ぜひ挑戦してみてください!

(※ 手順中の各画像はクリックすると拡大表示されます)

1. Pineエディタを起動

まずはTradingViewのチャート画面を開きましょう。銘柄は何でもよいですが、ここでは「TSE:1321(日経225連動型ETF)」を日足で表示させています。

チャート画面の下の方に「Pineエディタ」というタブがあるので、こちらをクリックします。

2. インジケーター用スクリプトを新規作成

「新規作成」からインジケーターを新規作成します。TradingViewインジケーターの標準コード(終値をつないだグラフ)が表示されます。

3. サンプルPineコードを貼り付け

表示されたコードのうち、5行名以降を削除して、以下のサンプルコードを貼り付けてください。

【サンプルPineコード「25日移動平均線」】

study("$TTO_25日移動平均線", overlay=true)

ma = sma(close, 25)

plot(ma, title='25日移動平均線')

貼り付けるとこのようになります。
(「//@version~」の行までは残しておいてください)

4. スクリプトの保存

コードの貼り付けができたら、スクリプトに名前をつけて保存しましょう。「保存」をクリックし、任意の名前で保存します。(ここで保存した名前が、今後チャート上に表示されます)

スクリプト名は、先頭に自分専用の接頭辞(記号やニックネームなど)をつけておくと、標準搭載のインジケーターなどと区別しやすいのでオススメです。

5. チャートへの追加

保存ができたら、いよいよチャートに追加してみましょう。「追加」ボタンをクリックすると、チャート上に自分の作成した「$TTO_25日移動平均線」インジケーターが表示されます。

「追加」ボタンをクリックする代わりに、Pineエディタ上で「Ctrl+Enter」(Macの場合は「Command+Enter」)でも追加できます。キーボード入力に慣れている方はこちらの方が便利かもです

6. 色変更などは通常のインジケーターと同様に

チャートに自作インジケーターを追加すると、標準インジケーターと同様、追加されているインジケーター名がチャート左上に表示されます。

チャートの色など設定変更したい時は、今回作成した「$TTO_25日移動平均線」にマウスをあてて、設定画面から変更してください。

まとめ

以上が、TradingViewのインジケーター用スクリプトを自作する基本的な手順になります。

さらにPine言語の書き方を覚えれば、自由に様々なインジケーターを自作することができます。

興味のある方はぜひPine言語習得にもチャレンジしてみてください。

こちらもご覧ください

前回の記事で、TradingViewのPine言語を使ってインジケーター「25日移動平均線」を自作する手順をご紹介しました。[sitecard url="https://tradetech.online/develop-pine-i[…]

TradingViewの登録がまだの方は
以下からの登録がオススメです

以下は僕からのTradingView紹介リンクとなっております。ここから無料登録いただくと、あなたが今後有料プランにアップグレードすることになれば、その時あなたと僕の双方が30ドル分のコインを受け取れるようになっています。(コインは有料プランの支払い等に利用できます)

特に有料プランで利用する予定が無くても問題ありませんので、上のリンクから登録することをオススメします。ただしこれまでに一度でもTradingViewに登録されたことのある方は30ドル受取の対象外となるようなのでご注意ください。

TradingViewに登録する